ユニフォーム業界は、バブル期以前までは、量産量販型の産業であったが、その後、中国を中心とする量産安価な輸入品が急増し、業界を直撃した。この間、紡績、商社は、生産拠点を海外に求め、 それまで、素材、流通、製造販売と秩序が保持された当業界も、境目のない競争の場となり、中小アパレル、販社まで海外に活路を求めざるを得なくなった。特にまとめ役であった商社が自ら生産し販売するに至り、各段階の事業者間の関係は損なわれ、各社各様の動きの中で、また長引くデフレの中で、ますます価格競争が激化し、勝者なき戦いが展開されている。関西ユニフォーム協議会は進むべき方向性実現のために活動しています。 協議会の趣旨 ユニフォームのことなら、おまかせください。